読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショッピングモール、家になる

家の近くにイオンがあった頃、休日は何かと通っていました。行動パターンは、服をちらっと見て、本屋を物色、気に入ったものがあれば買って、エクセルシオールで読む、というもの。 自分の家の延長のように使っていたんだなぁとこの本を読んでいて思いました…

モテ論

世の中の価値観で、 「モテる、モテない」というのが高い位置を占めているように思う。モテない人はダメというレッテルを貼られながら、 生きていくのは正直シンドイ。そもそもモテるための要素は何か? 「〜だから、モテる」 ・容姿がいい ・ファッションセ…

生命科学がゆく

生命科学系の研究室に関する2ちゃんねるのスレッドを見ていると、 なかなか厳しいものを感じました。 「ピペット作業と動物管理の繰り返し」 まるで土方作業のようだとの嘆きが散見。 なぞの「ピペット土方」という言葉が出来ている・・・ 自分の状況がうまくい…

勉強は役に立ちますか?

かれこれ勉強を続けて、20年近くになります。 それが役に立ってきたかと聞かれると、 おそらく役に立っているとは思います。 それが何かと聞かれたときに、 答えることはできません。 ただ今の自分を形作っているもので、 重要な要素です。 「役に立っている…

仲良しマイミクって何だ?

ミクシイを見ておりますと、 「仲良しマイミク」なるワードを発見しました。 自分が承認した(もしくは承認された)マイミクの中で、 さらに仲のよい人を「仲良しマイミク」に設定できるというもの。 日記でも「仲良しマイミク」だけに閲覧できるように 設定…

悪人

昨日、本屋で目に付いた本、 吉田修一「悪人」を買って読んでいました。 内容は殺人事件がらみのもので おもしろく、すっと読めました。 出てくる人物も多彩ですし、 場面が何層にも重なっていて、 なかなか奥行きのある物語でした。 なにをもって悪とするか…

英語を身につけるなら

TOEICなるものを受ける必要があるので、 英語を勉強をしています。 最近思うのは、 英語は耳から入ってくる方が、理解しやすいのではないか、 ということです。 文章で読もうとすると、 どうしても目が、日本語の構造と同じように SOVの順番に理解しよう…

It's show time.

先ほど、報道ステーションを見ていました。 市橋容疑者逮捕の話題で、番組の半分を使っていました。 それにしても、あの新大阪駅のゴタゴタ。 怒鳴り声がモロに聞こえてきました。 マスコミの厚かましさはハンパないものがあります。 それが仕事なんだから、…

巨人という球団、そして収穫に対する関心について

えーと、巨人がサヨナラ勝ちだそうです。 正直、悔しい。 できれば高橋信二の勝ち越しホームランで逃げ切りたかったところ。 かなり惜しい。 そしてなぜこんなに悔しいのか? 僕の中のアンチ巨人のDNAがむちゃくちゃ発現しているのを感じます。 他の球団に関…

戦略

日本シリーズを3戦連続で観戦中。 今日思ったのは、 「リリーフの戦略は結構バカにならない」 ということです。 一般的に、 「右打なら右投」 「左打なら左投」 というふうに中継ぎを出してきます。 今日の試合も、 小笠原の勝ち越しのツーベース、 阿部のタ…

日本シリーズ第1戦

今日からプロ野球の日本シリーズが始まりました。 基本的に僕はパリーグのチームを応援します。 anti-巨人であることも否めませんが… 19時くらいからテレビをつけると、 解説は前・楽天監督、野村克也氏こと、 ノムさんではありませんか。 ちょうど同点で、…

集中力

どうも自分は集中力が不足しているのではないかと 感じます。 やることなすことにモタつき(効率の悪さ)が出てきます。 一つのことをダラダラとやるのは、 あまり事が進んでいないような気にもなります。 いくつかのことを並行して進めるのは、 効率アップ…

嘘に嘘を重ねる

自分をだますこと、 それを積み重ねていくとどうなるか? それも自分ではないでしょうか。 昔は、「自分」というものが確固たるものとして 存在すると考えていました。 そうでもない。 まわりによって変わってくる。 それを受け入れられなかった時期がありま…

日日是探究

毎日ちがう感情がうごめいております。 やはり他の人と接した時に、何かガラッと変わってしまうことが、 僕にはよくあります。 おそらくほとんどの人がそうだとは思いますが。 結果が「よい」「わるい」っていうのは、 なかなか言えないのではないでしょうか…

学ぶこと

つい先ほど、ビデオに撮っておいた教育テレビの番組を見ました。 「学ぶこと」とはどういうことか、 知識人に問うてみようという番組です。 やはり最近は流行りなのか、 養老孟司氏も出ていました。 思ったんですが、あの人の声っていいですね。 テレビに出…

HUMAN LOST

太宰治の「二十世紀旗手」(新潮文庫)におさめられた、 「HUMAN LOST」の中に書かれた一文。 いま、記録も統計も、すでに官僚的なる一技術に成り失せ、科学、医学は、すでに婦人雑誌ふうの常識に堕し、小市民は、何々開業医のえらさを知っても、野口英世の…

おはようございます。

はてなダイアリー、便利そうなんで使ってみることにします。 遅ればせながら「はてブ」も最近見始めました。 はてなさん、よろしくお願いします。