読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦略

日本シリーズを3戦連続で観戦中。


今日思ったのは、
「リリーフの戦略は結構バカにならない」
ということです。


一般的に、
「右打なら右投」
「左打なら左投」
というふうに中継ぎを出してきます。


今日の試合も、
小笠原の勝ち越しのツーベース、
阿部のタイムリーなど、
「左打に右投」という形になってしまっている時に、
得点につながっていました。


代えた時点でキッチリおさえておけば、
こんなことにはならなかったのに、という場面でしたが、
まぁそれも野球の醍醐味なわけで…


色々と考えていると、
自分が最近「戦略」というものを意識しているのに
気がつきました。


そんなに戦略を日常的に実践しているかといえば、
どちらかというとしていない方だと思います。


「やり続けていればできる!」という考えが
自分のどこかにあるんでしょう。


ただ、そうもいかないことがある。
その時に意識するのが「戦略」です。


先日の野村監督の解説にもあった通り、
やはり「自分がやることには意味がないといけない」と
思うようになりました。


麻雀でも、一回の捨て牌にも戦略が宿っていないといけません。
自分は無意識に捨てていても、
相手はそうではないかもしれません。
それで勝ち続けていればいいのですが、
実際はそうなりません。
こちらも相手の牌を見なければなりませんし、
自分があがる確率を上げなければいけません。


何事も勝負だとは思いませんし、
戦略は勝負のためにあるものでもありません。
ただ、理想の状態に近づけるための戦略を
意識していければいいんじゃないか。
そんなことを思いました。


「勝負」とは何かと考えるのも、
それはそれでおもしろいと思います。
バガボンド」はそんなマンガである気がします。


バガボンド(1)(モーニングKC)

バガボンド(1)(モーニングKC)