読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテ論

世の中の価値観で、
「モテる、モテない」というのが高い位置を占めているように思う。

モテない人はダメというレッテルを貼られながら、
生きていくのは正直シンドイ。

そもそもモテるための要素は何か?
「〜だから、モテる」

 ・容姿がいい
 ・ファッションセンスがいい
 ・スポーツができる
 ・お金を多く稼いでいる(医者、弁護士…)

モテるための要素というのも
非常にステレオタイプであることに気付く。
それはメディアによって形成されたイメージであろう。

なので、「モテたい」というのは
そういったステレオタイプの中で、
自分がどこかにエントリーして、その競争の中で高みを目指すということであろう。

このモテという価値観は
人間の自発的な欲求でありながら、
非常に資本主義の中のイメージに踊らされたものである。
(その過程にはお金の動きが見えるということ)

そういったモテという価値観から
脱却した価値観はないものか…
簡単に考えてみると、何かしらの形で「人の役に立つ」ことではないか。
モテが如何にも利己的なものであるのに対して、
「役立つ」というのは利他的なもの。

利他的な価値観をもち、利己的な自尊心を高めることができないだろうか。