読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリスマスキャロルが流れる頃には

12月11日(日)

今年最後のカットに行く。クリスマスの話からケンタッキーの話で盛り上がる。やっぱケンタッキーはスペシャル感あるよね。
夕食にはすきやきを食べる。たまには牛肉も食べんとね。すきやきもスペシャル感あるよね。

 

12月12日(月)

ムサコへ。それにしてもコスギのタワマン乱立感がハンパない。人間がよくもあんなに高い建物を作るなーとシンプルに感心した。今日は仕事についてよく考えた1日だった。

 

12月13日(火)

「逃げ恥」も大詰めに。登場人物の微妙な心の動きを見せられるとウッとくる。今回はガッキーがデートに何を着ていこうか迷うシーン。BGMもしんみりした感じで、余計にやばい。

 

12月14日(水)

富山へ。たらふくブリを頂く、これが富山の底力か。「見せましょう、富山の底力を」楽天の嶋っぽいコメントを残したくなった。ホテルに帰った後に無性にパルムが食べたくなり、コンビニへ。

 

12月15日(木)

明け方には雪、出る時は1℃と冬らしい感じ。朝移動で東京に。次の日も出張のため、早めに就寝。

 

12月16日(金)

京都へ。これでおそらく最後の出張となりそう。意外と朝はサッと起きることができた。品川駅で寄ったスタバでロザン宇治原発見。
早めに帰ろうと思ったがバスがなかなか来ず、最寄駅から電車に乗るまでに1時間弱かかる。さすがに心が折れた。帰りの車内で映画を観ようとするものの、内容が入ってこず、すぐ眠たくなり、読書にシフト。
帰ってからは「砂の塔」を見る。生方コーチが犯人だった。登場人物を消去法で絞ると確かにそう。さすがにお母さんと一緒までの想像がつかなかった。

 

12月17日(土)

お茶の道場をはしご。点前がだいぶん体になじんできた。さすがに週一でやっていると違う。
その後は妻の友人宅へ。アイス談義などで盛り上がる。やっぱホームパーティーにはオードブルがつきもの。カラオケで〆る。
移動中に星野源のエッセイを読む。どことなく平匡感がある。静かに空気を壊しに行く感じが好き。 

そして生活はつづく (文春文庫)

そして生活はつづく (文春文庫)