読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GWの終わりなサンデーモーニング

5月7日(日)

連休の最後はゆっくりということで、近所のクリーニングと買い物に行ったのみ。久しぶりにジャワカレーを作る、最近気にし出したカロリーオフで。

f:id:furukubo57:20170510134101j:image

 

5月8日(月)

連休明け、せっせとメールを返す。思ったよりは動けたが、帰ってから疲れが出た。つい金麦を二缶飲んだせいか、変な眠気に襲われる。東京ポッドの助っ人外人論を聴く。前田敦子ブラッグス説はいつ聞いてもハマる。

 

5月9日(火)

寝起きが少しダウナーなモーニング。夕方にかけて、通常に戻った感じ。中華街のおいしいシウマイを食べ過ぎ、お腹の調子を悪くする。

 

5月10日(水)

夜は大井町で飲み会。個人的に陶芸トークで盛り上がる。

 

5月11日(木)

緊急事態発生。バタバタとしながらも、夕方からは社外で作業。さすがにこれは予想していなかった。横浜で飲んで帰る。

 

5月12日(金)

急きょ出張へ、さらに1泊も後から決定。サークルKでデカすぎるパンツを買う。コンビニ近くのハイボール酒場で女子会が1組だけだった絵が記憶に残った。
それにしてもドーミーインの外国人観光客の多さよ。貸出の漫画を借りてくるもすぐに寝てしまった。

 

5月13日(土)

土曜日だが仕事。2か月連続でこのような事態となっている。日々是道場である。

ハマで過ごすサンデーモーニング

4月30日(日)

横浜は中華街へ。ご馳走を頂く。あんかけ炒飯がエビの香りがして、美味かった。おしゃれ喫茶からの、おしゃれ公園と、ハマの雰囲気を満喫。ただ、人は多かった。

f:id:furukubo57:20170502090226j:image

 

5月1日(月)

パスポート申請へ。申請完了まで2時間ほど掛かった。
その後、上野へ。天下一品で腹ごしらえをしてから、茶の湯展を見る。対象範囲が広すぎて、中身が若干薄まった印象。しつらえの変遷を見たかった。 

f:id:furukubo57:20170506150103j:image

 f:id:furukubo57:20170506150108j:image

 

5月2日(火)

目当ての近所の喫茶店に行こうと思ったが、連休前で休み。なくなくミスドへ。店内で大量にドーナツにパクついていた女子たちに驚く。1日分のカロリーを摂取していたであろう。欲望も行き過ぎると節操がない。東京は特にそういう場所。如何に自制できるかがポイント。
反知性主義」を読了。アメリカならではの、チャーチとセクトという流れを知ることとなった。メジャーとマイナーといった感じか。メジャーなものへの反発として、マイナーなものの熱が高まる。今はメジャーに見えているものは絶対ではない。 

反知性主義―アメリカが生んだ「熱病」の正体―(新潮選書)

反知性主義―アメリカが生んだ「熱病」の正体―(新潮選書)

 

 

 5月3日(水)

東京駅のカレー屋で初めての「ビリヤニ」を食べる、これまた美味し。しばらくはこれでいきそう。久しぶりに革靴を購入、自然な風合いを楽しめるという、上級靴をチョイス。お手入れ方法も詳しく聞けた。
夜は久しぶりの映画鑑賞。「永い言い訳」を観た。家族という場所が休まる場所であるのはいいが、単なる逃避の場所になってはいけないと感じた。ある程度自分を振り返る場でもある方がよいのでは。 

f:id:furukubo57:20170506150131j:image

永い言い訳 [DVD]

永い言い訳 [DVD]

 

 

5月4日(木)

「罪の声」読了。グリコ森永事件を題材にしたフィクション。元の事件をあまり知らなくても面白く、スルスルと読めた。ここに書いてあることはどこまで現実味があるのか知らないが、アングラ的なものを非常に感じさせる内容。 

罪の声

罪の声

 

 

5月5日(金)

GWもほぼ終盤。スーツを買いに行く。やはり色々と導いてくれるお店の方が買いやすい、特に好みがはっきりしない者にとっては。最初のお店では嫌になってきたが、以前に買ったお店では気分よく選べた。これからはここにしよう。
着るものにせよ、食べるものにせよ、アドバイザーというのは重要だ。お店の方でももっとアドバイスに力を入れればよいのでは。こちらが聞いてないだけかもしれないが。
夜には高級肉を焼肉でいただく。めったに食べられないお肉。贅沢は家でもできる。
勉強の哲学、読了。「自分の享楽で考え方を仮固定する」という考え方にフムフム。やはり最後は自分の好みが出る、ということか。 

勉強の哲学 来たるべきバカのために

勉強の哲学 来たるべきバカのために

 

 

5月6日(土)

幸いにして一区切りになる結果となり、GWで一番の重大ニュース。
久しぶりにつけめんを食べる、つけ汁は魚介とんこつで。あとは近所へ買い物など。オリの勢いが止まってきた、帰ってきてくれ、ロメロと吉田正尚

f:id:furukubo57:20170507105809j:image

 

平野啓一郎が風を読むサンデーモーニング

4月23日(日)

これまでのバタバタもあり、よく眠る。三越で着物の小物を買いに行く。不安な時は周りに言うのが一番いい。
情熱大陸、何かを考えてペンを走らせている時のシーンが好き。みんな考えながら、次に進んでいる。人間関係も試行錯誤してみて、わかることがある。
自分がボケかツッコミかを改めて考える。やはりツッコミ寄り、追い込まれないと思い切れない(ボケられない)。

 

4月24日(月)

会議続きのマンデー、作業はどうしても終業後になる。ただ、これだけ会議が続くと逆にハイになり、これまで以上に発言している気がする。やはり環境の影響は大きい。この1年間はバタバタが続きそうな予感。帰りに野球名鑑を買って帰る。

 

4月25日(火)

「東京ポッド許可局」にて、チャーシュー麺論を聴く。麺を食べるのに、チャーシューがあんだけのってたら、チャーシューを食べているのでは、という話は確かにと思った。日本のラーメンについて、各店舗で特色を出すため、それぞれのパーツを高めていった結果、多様性が生まれているという見方にも納得。
マツコの知らない世界」にて、東大うどん部が出る。見てしまうと、やはりうどんが食べたくなる。

 

4月26日(水)

プロ野球飲み会を実施。まわりのレベルが高く、変な刺激を受ける。やはり試合を見ておかないといけない。

 

4月27日(木)

代休を頂く。夕方の出動までは家で過ごす。仕事で考えていたことのまとめなど。
夜はポールのライブ。S席ということだったが、2階席。S席のエリアの広さよ。。相変わらず元気。
その後、友人に連れられ、なぜか板橋のバーへ。ハイボールジントニックを適量飲む、ペース配分もちょうどよかったのか、気持ちよく酔えた。

f:id:furukubo57:20170502085855j:image

 

4月28日(金)

GW前の最終営業日。何となく夜遅くなりそうと思っていたが、やり始めると意外と早く終わる。いたってノーマルなフライデー。
ドキュメント72時間」で大阪の金剛山特集、懐かしい。あんなライブカメラがあったとは。定時的に撮影するという点で、この番組と相性が良い。

 

4月29日(土)

お茶会。亭主もやらせていただく。400人規模のお茶会とあって、人の多さはすごかった。どういう茶会がいいのか、というのは人それぞれだが、色々と経験させてもらって、非常に貴重。さすがに疲れたので、一杯ひっかけて帰る。

ヘッドスパなサンデーモーニング

4月16日(日)

朝起きて、ピリッとしたサンデーモーニングを見る。久しぶりにカットに行く。先週は日曜から仕事続きだったので、リフレッシュにヘッドスパをオン。爽快だった。
そこから出かけようかとも思ったが、外出続きだったため、今日は控える。大井町油そばを食べて帰る。
家では本を読んだり、昼寝したり、ドラマ「小さな巨人」を見たりして過ごす。芳根京子ちゃんの出番を心待ちにしていたが、意外と少なかった。ポジション的に出番がそんなにあるのか?香川照之の歌舞伎が異彩を放つドラマ。

 

4月17日(月)

新人さん配属で夜に飲みへ。珍しく三次会まで行き、色々と引き出す。昔配属されたときはそんな感じだったなと思いだす。今、まわりが若くなったというのもかなり大きい。ある意味、これまで手を抜いていたような気にはなった。

 

4月18日(火)

朝によい知らせがあった。
ただ会社に行ってからは、毎日のように何かが起こる、刺激的なデイズ。今回ばかりはさすがにこたえた。かなり急な対応が必要になり、バタバタとする。新人さんに全然関われていない。何か託せるものを用意した方がよい。自分一人でやるのとは全然違う。早くも自分の知識の薄さを感じる面もあった。

 

4月19日(水)

横浜へ行って帰ってくる。何とも言えない気持ちに、天気は良かった。早めに帰ることができたので、一人でボーっとする。

 

4月20日(木)

一日しゃべり続けたような気がする。何でこの仕事をやるのかということを詰め込む。業務時間外に色々と作業をすることに、トラブルが新たに起こっていないことは救い。もう少し安定した日々を過ごせればと思う。

 

4月21日(金)

京都へ。この日も会議続きではあった。夜には飲み会、東京に帰るつもりが、ついつい居座ってしまい、この日は実家泊。ゲマインシャフトを感じる、西の飲み会でした。

 

4月22日(土)

朝一で東京に戻る。そこからお茶2連チャンというハードスケジュール。家に帰ってからはさすがに眠かった。本を色々と借りているが、あまり読めずにいた。とりあえず読みやすいお金の本を読む。この本を読んで次のアクションは、NISAをやるかどうかということだ。どこまで資金に余裕があるかどうか。「ボク運」により、土曜は木村文乃に癒される日に決定。 

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

 

 

 

 

中畑清なサンデーモーニング

4月9日(日)

日曜も仕事で出張。車窓から見る桜がきれいだった。各地の桜が見れてよかったと、捉えよう。

 

4月10日(月)

一回戻ってから、もう一度出直し。今回は泊まる用意をして。すしざんまいだった。ホテルの大浴場に行くはずが、今日ばかりは寝ることを優先させた。

 

4月11日(火)

何とか一段落し、無事に東京に戻れる。そのまま直帰、さすがに疲れた。知らぬ間にオリは6連勝、おりほー

 

4月12日(水)

色々と会議もありながら、何とか仕事をする。疲れが皮膚に来ているのか?あまりやりすぎないようにする、そしてストレスをためないように。

 

4月13日(木)

何とか早めに帰れる。しかし4月もあっという間に過ぎ去ろうとしている。養命酒を飲んで乗り切ろう。

f:id:furukubo57:20170416223059j:image

 

4月14日(金)

いい結果で金曜日をフィニッシュ。読みたい本が無くなっていたので、図書館に一気に予約する。

 

4月15日(土)

お茶へ。15時ぐらいまで滞在。後炭は初めて見た。その後は焼肉に、ちょっと力をつけんとね。1時間だけのカラオケ付きで。
帰ってから見た「ボク、運命の人です。」安定の木村文乃、久しぶりの山Pなど、今期で見続けたいドラマに決定。

 

河原BBQなサンデーモーニング

4月2日(日)

工場見学&BBQ。そんなに食べていないかも、という感覚に陥り、ミールスを食べに行く。BBQでは案の上、少し多く量を飲みすぎたため、帰ってから頭痛に。さだまさし無人ビフォーアフターを見ながら、早めに寝ようと決意。BBQでの適正飲酒は難しい。

 

4月3日(月)

何かと立て込んでおり、あっという間に定時。急な出張も決まり、気が気でない。徐々に考え方は深まりつつある。

 

4月4日(火)

久しぶりの飛行機での出張。朝もほどほどの早さで、わりと体にはやさしい。いつもながらiPhoneの充電器を忘れ、帰り際に底をつきかける。そんな時は機内モードでしのぐ。やっとあったかくなってきたか。 

 

4月5日(水)

もともと会議はなかったが、諸々の件でMTGに召集される。データを19時ぐらいに見ないといけない等、なかなか働き方改革とはいかない今日この頃。環境の変化もあり、気を回さないといけないところもあるが、全然回せていない。

 

4月6日(木)

またもや出張に、そして急きょ夜通しの仕事となる。一旦ホテルに帰り、マルちゃんの新しいカップラーメンを食べる。

 

4月7日(金)

朝の8時ごろに帰り、仮眠。11時には起きて、まぜそばを食べる。最近、空前のまぜそばブーム。帰ってすこし仕事をしてから、歓送迎会へ。寝てない中でも、つい楽しくて2次会まで出てしまった。雰囲気も変わりつつあるか。

 

4月8日(土)

お茶へ。昼過ぎには切り上げ、またもやまぜそば。ここの台湾まぜそばがハマった。生のにんにくを入れたため、後々まで香り続く。そこから家まで歩いて帰る。途中で洗足池の桜を見る、しかし小雨で冷えた。

 

f:id:furukubo57:20170416222826j:image

f:id:furukubo57:20170416222855j:image

森高千里の雨なサンデーモーニング

3月26日(日)

不安要素があったので、とにかく動くことにした。動くといっても、外は雨なので、家の中の雑事を淡々と。そして、カレーを作る。トラブルがあった時の恒例になっている。不安で動かないより、とりあえず別のことを進めておいた方がよいかと。本日のカレーはポークカレー応用編。豚肩ロースをマリネにするあたり玄人っぽい。やや苦みが出た感じにはなったが、それらしく完成。
夜はSASUKE観賞。相変わらず朝一眞がいい味を出していた。あの自己陶酔感は他ではなかなか見られない。気持ちや、気持ち!

f:id:furukubo57:20170404234044j:image

 

3月27日(月)

どうしたらいいのかといった感じ。とりあえずやることはやるしかないだろう。夜は吉田類で癒される。

 

3月28日(火)

出張へ。この問題の特徴だが、見えないものを相手にしなければいけないという辛さがある。考えられる点を多面的につぶしていくしかない。帰りの新幹線はがっつりパソコンで仕事をしていた気がする。

 

3月29日(水)

なかなかある問題を解決できずにいる。残業が続く。

 

3月30日(木)

問題解決のアプローチをどうすればいいのか、きっかけは与えてくれた。あとは、自分でどこまで消化するか、わからなければ聞くか。自分の型を見つけなければいけない。

 

3月31日(金)

家に帰ってタコスを食べる、単純に食べ過ぎて腹がふくれる。夜に新人について考える。自分がこういうことを言われていたら、ということを伝えたい。

 

4月1日(土)

お茶へ。早めに切り上げて、坦々まぜそばを食べる。山椒の口がキューっとなる感じがたまらん。最後にまぜそばにライスをインするということがなかなかできずにいる。
今日は家で一人ということで、ひっそりと準備をする。どこかに出かけるという選択肢もあったが、こちらで正解、こういう時間も必要だ。思った以上に時間がすぐに過ぎてしまい、本はあまり読めず。「ゼロトゥワン」は読了。誰も気づいていない、隠れた真実を見つける。同じような市場での戦いは販促合戦になってくる。たしかに。

f:id:furukubo57:20170404234103j:image

 

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか