六本木なサンデーモーニング

8月6日(日)

六本木へ。てんぷらを食べたり、リッツでコーヒー飲んだり、美術館行ったりと、東京的生活を満喫した。久しぶりに会う友達と話した。結婚してからなかなか会えていなかったが、同じような状況ということもあり、これを機に会っていきたい。家族同士の輪が広がるいい機会だった。

 

8月7日(月)

東京ドームへ。往年の選手のプレーを見た。やはり中村紀のあのスイングは健在、いい感じやね。桑田のショート守備を見れたのは貴重。その後、終電間際まで飲む。部署のことがしっかり語れる状態になってきた。

 

8月8日(火)

明日から休みに入るので、やることをこなしていく。完了までたどり着かないものもあり、逆算の発想のなさを嘆く。そして今日は蒸し暑い。

 

8月9日(水)

午後休のつもりが14時頃まで会社にいた。昼飯を食べようとすると財布がないことに気付く。しぶしぶ帰ってからカップヌードルナイスを食べる。高校野球を見ながら横になっていると、知らぬ間に寝ていた。起きるとあたりが暗くなっており、慌てて洗濯物を取り込む。買い物に行き、きりたんぽを作った。生活を営んでいる感じが良かった。

 

8月10日(木)

年金の相談へ、その後ラーメンを食す。キノコトンコツという味を初めて食べた。いいこってり感を出していた。その後、スタバで読書&思案、充実した気がする。POPYE別冊を立ち読みし、伊丹十三の本を買おうとしたがなく、断念。図書館で借りた移住の本を読み、夕方を過ごす。もう少し田舎の方に引っ越そうかな。

f:id:furukubo57:20170810220905j:image 

生きる場所を、もう一度選ぶ 移住した23人の選択(しごとのわ)

生きる場所を、もう一度選ぶ 移住した23人の選択(しごとのわ)

 

 

8月11日(金)

今日は休日、プラネタリウムを見に行った。久しぶりだったが、リフレッシュになった。人並みだが、銀河の話などを聞いていて、自分の小ささを感じた。
その後はイタリアンでランチ、ボリューミーで、ハートランドまで飲んでしまったため、お腹いっぱいに。さらにチョコレート専門店まで行ってしまった。かなり濃厚なチョコレートドリンクに、思わずチェイサーを用意。
帰ってからは読書三昧。ホリエモンの本をざっと読んだ。会社と個人の間にあるつながりがあればいいというのは確かにそうかもしれない。あと仕事でグループチャットを使っているというのも印象的。会議や報告は時間がかかりすぎている。

f:id:furukubo57:20170813115711j:image

 f:id:furukubo57:20170813115706j:image

 

 8月12日(土)

落語に行こうとしたが、まさかの当日券売り切れ。渋谷まで行ったのに。丸善ジュンク堂で若林の本などを買い、帰宅。一気に読んだ。自分同様、資本主義の右肩上がりに疑問を感じているというところに惹かれた。キューバと比較した時に単純に日本が悪いとも言えないというバランス感覚があった。最後は家族というつながりの部分に視点が移っていく。今の日本は人との生きたつながりがないのではないだろうか。 

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬
 

 

おこもりなサンデーモーニング

7月30日(日)

昨日は色々と出費だったので、今日はおこもり。こんな日は夕食後に散歩。

 

7月31日(月)

意外と早く終わるかと思いきや、やることは尽きない。そして、終わっていない。。

 

8月1日(火)

出張へ。最近のカレー雑誌を見過ぎた影響で、東京駅でインデアンカレーを食べようかと悩んだが、時間がなく断念。こそこそとカレー屋巡りをしたい。結局最寄駅近くのモスへ。セットで800円したので、びっくりした。ファーストフードの値段に慣れ過ぎている。

 

8月2日(水)

泊まり出張へ、久しぶりの2泊。夜は岩ガキを頂く。ここでしかできない話をした。組織というのは、誰しもがハッピーになることはないのか。個人の思いに左右されすぎるのが原因か。無私の境地に近い方がうまくは進む。

 

8月3日(木)

出張2日目。何を話しても、閉塞感があり、どうしたらいいのか?それにしても。8月はエグい。体力的にも疲れてきたので、日帰り温泉へ。風呂上がりのビールでリフレッシュ。帰りがけにラーメンまで食べてしまった。

f:id:furukubo57:20170810220843j:image

 

8月4日(金)

出張3日目、ホテルの朝食バイキングにも慣れてきた。自分の業務の位置づけを考える。組織から離れると後に残らないような気がした。自分の個人で何かしたい場合は、自分で組織を作るしかない。個人がやりたいことを組織の中でやろうとするので、職場の不満が溜まるのではなかろうか。切り離して考えると、案外楽かも。

 

8月5日(土)

家でお留守番。新しい洗濯機がやってきた、ヤァヤァヤァ。一人暮らし家電がどんどん入れ替わっていく。

 

 

シューイチを見たサンデーモーニング

7月23日(日)

帰路へ。新幹線に乗る前に食べたモダン焼きがお腹に溜まり、強烈な眠気に襲われる。新幹線の中ではほぼ眠り、あっという間に新横浜。一足早い今回の帰省でした。

f:id:furukubo57:20170723220238j:image

 

7月24日(月)

主張へ。日々、新幹線に乗車しております。午前中で終了し、一旦オフィスへ。明日以降の会議に備え、資料作成。

 

7月25日(火)

何かと追われている。やることがなかなか無くならない。

 

7月26日(水)

社内で報告会。その後、懇親会。蒸籠蒸を頂く。おっしゃることは正しい、それを「そうだろ?」と言えるのが、人の前に立つ人たる性格。

 

7月27日(木)

ジビエで呑む。カンガルーの肉をいただく。今までにはないメンツでの呑み。仕事ができる・できないをよく見ているなという印象。帰りにカップラーメンを買うものの、食べずに即寝る。ストックが増えた。

 

7月28日(金)

会議続きな1日。遅くまで残り、プレミアムフライデーの「プ」の字も感じさせなかった。

 

7月29日(土)

ヤマダ電機に洗濯機を買いに。突如雨が降ってくる中、イタリアンで夕食。こじんまりした感じで、落ち着いて食べることができた。鴨肉が良い味を出していて、ワインと一緒に堪能。「暮らしの手帖」を読んでいると、田舎暮らしをしたくなる。渓流釣りなんかを検索してみる。けど、これ上級者向きか。。

f:id:furukubo57:20170805101446j:image

秋田は大雨なサンデーモーニング

7月16日(日)

秋田での滞在2日目、大雨だったこともあり、ゆっくり目のスタート。明治から続く芝居小屋で大衆演劇鑑賞。なかなか貴重な体験。人情芝居が吉本新喜劇の構造そっくりで思わず笑ってしまった。その後、空港から帰路へ。あまり難しいことを抜きにして、田舎暮らしもいいなと感じた。そこにはしっかりとした生活があり、自然がある。人の気持ちは都会に比べてもっと寛容なのではないか。都会は自分でコントロールできると思い込んでいる側面が多々ある。

f:id:furukubo57:20170723220208j:image

 

7月17日(月)

ほぼ一日中、家の中にいる。出ずっぱりだったので、たまにはこういう日もよい。カップラーメンのクッタの麺が思いの外くったくたになった。あまりにも動かなかったので、夜に散歩に出かける。ムサコのビル群が遠くに光っていた。

 

7月18日(火)

昼からの打ち合わせのために出張。割と早めに終わった。余裕のある出張とはこういうこと。最近、新幹線の中がオフィスになりつつある。録画していた松重豊の餃子のルーツを探す旅番組は面白かった。ロシアにもそのような文化があったとは、おそるべしシルクロード。食の起源をたどるのも面白いかもしれない。

 

7月19日(水)

今週で唯一のオフィス出勤日。結構やることがあるかなと思いつつスタートしたが、モヤモヤして、手につかない時間が結構あった。シングルタスクで集中すべし。夜は飲みに行く流れに。

 

7月20日(木)

出張へ。ものを作るということの細かいところまでわかっているのだろうか?何となくわかった気になっているのがわかった。出張終りに飲み、好き放題しゃべらせてもらった。自分はTypical Japaneseだなと実感する。

 

7月21日(金)

京都へ。蒸し暑い中、久しぶりにすがりのつけ麺を食べに行く。平日にも関わらず並んでいた。つけ麺を許容しなかった時代のことを思い出す。ラーメンとつけ麺は全くの別物だと気づかせてくれた、この店に感謝。実家に帰ってからはさすがに疲れていたのか、昼寝で夕方に。

 

7月22日(土)

お参りなど。ランチに中華を頂き、夕食には鱧を頂いた。あまり動いていておらず、お腹の膨満感を解消するため、夕散歩。
夕食時の会話より、自分がする仕事の範囲を決めすぎてしまうこととについて考えてみた。

天天有は鶏白湯なサンデーモーニング

7月9日(日)

カットに行く。そしてセミナーへ。前半はかなり眠かったが、臨床現場での管理栄養士のご苦労を伺い、自分とのミッションの違いに気づかされた。自分が悩んでいることはちっぽけだなぁとか言ってみた。

 

7月10日(月)

今週は出張Week。夕方に聞いた脳を意識した生産性向上セミナーは非常に面白かった。脳はマルチタスクだと混乱するので、シングルタスクにしましょうというのは確かにそうだ。あと昼飯後はあまり頭を使わなくていい作業にしよう。

 

7月11日(火)

出張前の資料確認が立て込んだ。その結果、出張後に確認することに。いつ作成するんや。。資料確認というのも大変やっかいなもので、何とかならんか。後輩と一緒に夜遅くまで残ったので、軽く飲みに。

 

7月12日(水)

今日は日帰り出張。他部署の後輩と行ったが、なかなか刺激的だった。やはり内に籠っていてはわからないことがある。

 

7月13日(木)

別の場所へ出張。薄々わかってはいたが、久しぶりに面をくらった。求めるレベル感を設定しておかないとちゃんと説明ができない。夜はいつもないメンバーでなかなか盛り上がり、1時に解散。

 

7月14日(金)

昨日の疲れを引きづったまま2日目へ。何とか終わらせて、移動する新幹線の中でメール。それからシェアオフィスを活用して資料作成。やはりまわりから何か舞い込むということがないので、これははかどった。そもそも今のオフィスの構造というのは集中できる環境ではない気がする。パソコン導入以前はよかったかもしれないが、今は別のやり方があるのでは。

 

7月15日(土)

お茶の行事で秋田へ。空港に着いた瞬間、周りの緑に頭がオフモードに切り替わる。招いて頂いたお茶室はブナ林の中にあり、とても非日常的な空間だった。色々と人間模様も合わさり、色濃い時間を過ごした。同じことを実現するのはなかなか難しいが、どうやったら自分なりにできるかということを考えたい。

f:id:furukubo57:20170717160440j:image 

都民ファーストなサンデーモーニング

7月2日(日)

選挙へ。選挙大好き小池さんという結果に。ナスDが登場するスペシャルを見る。所々社会派な面があるのと、ぶっ飛んでいるのとで、かなり面白い番組ではあった。そして「ゆとりですが何か」の続編を見る。柳楽優弥のキャラはいつまでも見ていたい。あんな風にストレートに言う人がいないからか。

f:id:furukubo57:20170717153852j:image

 

7月3日(月)

新橋の焼肉へ。ほどほどの量で胃もたれしない程度におさまった。先週の飲み会で失敗したので、ペース調整。うまく着地できた。

 

7月4日(火)

雨の中、横浜へ飲みに。なかなか最初のビールが来ずにイライラと。考課に渦巻く諸々の話を。地道にやっていけばいいんじゃないの。中身にこだわろう。

 

7月5日(火)

ミーティング続きだった。物事の進め方については、まだまだ勉強するところがある。スケジュールの優先順位とか。

 

7月6日(木)

他事業所へ。技術面での意見交換に行った。自分のやっていることの、全体における位置づけがよくわかった。前近代的なところかな。。牛タンとお酒を美味しく頂いた。

 

7月7日(金)

資料づくりに勤しむ。他人に自分の考えの道筋を言葉で伝えることは重要。自分でも勉強になる。

 

7月8日(土)

お茶へ。そして韓国料理屋へ。暑い一日だった。がむしゃらにむさぼるサムギョプサルが良かった。割と安く飲み食べできるので、結構お気に入り。

張さんに間に合わなかったサンデーモーニング

6月25日(日)

POPYEの京都特集を見て、京都熱高まる。自分が京都のおすすめ記事を書くとしたら、どうなるだろう。一度やってみたい。

 

6月26日(月)

一週間の始まり。今週、来週と予定が詰まっている。。

 

6月27日(火)

奈良に出張。なかなかの長旅。京都を通るときは志津屋のサンドイッチを食べるのが定番になりつつある。帰ってきてから見た「ナスD」は久しぶりのスゴキャラ。強烈な個性にハマってしまった。日曜にあるスペシャルが気になる。

 

6月28日(水)

明日の飲みのために、色々と済まさなければいけないことが。そして、7月は出張三昧になりそう。報告する機会もあり、どう乗り越えていけばよいのだろうか。

 

6月29日(木)

夜に高校の友人と飲み。カラオケまで込みで深夜近くまで。久しぶりにポルノグラフィティの「幸せについて本気出して考えてみた」を歌う。ちょっと濃い目のハイボールを飲みすぎたようだ。

 

6月30日(金)

有休。腹痛で午前中はゴロゴロしていた。午後からは根津美術館へ。南青山付近はカネモ感が漂っていて、みんなそれに合わせようとしている感じだ。何とも性には合わない。9回にハラハラさせられるものの、オリが買ってよかった。

f:id:furukubo57:20170717151510j:image

 

7月1日(土)

お茶へ。何とか腹の調子も戻った。Numberの清原特集を読む。佐々木や立浪の話からは、清原はやさしい人だということが繰り返し出てくる。巨人時代に「番長」といわれていたものの、そのギャップには苦しんでいたのだろう。キャラというのは不思議なもので、誰から頼まれたわけではないのに背負ってしまう。