働く考

働くことの位置付けを考える。欧米では休む時には休むという。

何を大事に思っているかが違うのでは。日本では「働いているという事実」、その中身はさておき。欧米は中身が良ければいいだろうという成果主義。いくら頑張っても成果が出ない場合を考えると日本式のほうがいい。そういうセーフティーネットは張られている。


しかし、もう少し考えてみると、そもそも日本では自分の存在意義を仕事に置きすぎている。そこでダメだから、人として否定されるというわけではないと思う。仕事に存在意義があるには違いないが、子供の頃からやってきた勉強の行きつく先は就職のためだという意識が強い。勉強はそのためだけではないだろう。

 

勉強が通貨のように扱われている。通貨のように決まった尺度があるわけではないし、その多い・少ないで議論できる話ではない。もっと幅を広げるのが勉強になる。過程は大事というが、そこでどう感じられるかという奥行きを持っていることが大事だと思う。

 

5年後のJAPAN

~5年前の下書き~

5年後というと2020年東京オリンピック開催の年。
自分はどうなっているのでろうか?
東京にいるのか、いないのか?
いるとしたら、オリンピックに関わるか、関わらないか?
2020と書くだけで、オリンピックに縛られてしまう。

そもそもJAPANはどうなっているのか?

 

~2020年に記入~

オリンピックが開催されていないなんて思っても見なかった。
そしてばっちり東京にいます。7月は京都だったが。
自分の家庭環境に比べれば、JAPANは変わっていないような気がする。
ただ、東京の家の値段は上がっている。自分の気になることしか目に入っていない。

2代目アンパンマンなサンデーモーニング

~2019年の日記~

11月10日(日)

大田区の伝統工芸展に行く。息子もバタバタしていたので、ちょろっと見ただけだったが、その中で篠笛を体験。帰りにマクドのナゲット&ポテトをつまみ、結局は家の近くの駅周辺の公園でお昼を食べ、遊んだ。天気のいい日は公園での遊びでも満足か。

 

11月11日(月)

気がかりなこともありながら、細々とこなす。意外と早く片付き、帰宅。息子がおふろに入る前に帰れた。相変わらず、息子がやりたい放題やったような跡が残っていた。まだまだ感情をコントロールできないか。。

 

11月12日(火)

京都へ出張。直接話すことも多く、あっという間に時間は過ぎた。帰りの新幹線では焼肉弘弁当を食べる。新幹線内のWi-Fiが使えたので、グロ放題で動画視聴。意識高い感丸出しだが、結構充実した移動時間となった。ファシリテーションはまだまだできていないなぁ。仕込みをもう少ししておきたい。

 

11月13日(水)

ちょこちょこと会議が続き、何とかこなしていく。会議の次のアクションを意識して、臨むようにする。参加する人にとっては貴重な時間なので、有意義なものにしたい。引き続き自己啓発モード作動中。

 

11月14日(木)

長い会議が2発。時間はかかる内容だとは思うが、やり方が何かないかとも思う。グロ放題のOnePanasonicの人の動画を見る。途中からお腹いっぱいになってきた。コミュニケーションの中から何か生まれるというのはそうだろうが、コミュニケーション至上主義になっていないだろうか。もう少し自分の目の届く範囲での交流が良しとされてもいいのではないか。

 

11月15日(金)

会議も少なく、日常業務プラスアルファができた。昼に食べたカリーが、スパイシースパイシーだったため、夜になってお腹に違和感が出る。ティーバーで千鳥の相席食堂などを見る。関西の番組を観れるのはありがたい。

 

11月16日(土)

お茶のダブルヘッダー。間でラを補給。

土井先生

www.mishimaga.com

ミシマ社の対談を読む。一汁一菜の本は読みたいと思っていたが、エッセンスを少し読めた気がする。

 

<印象に残った点>

・家庭料理には他力が入ってくる、民藝のように。

・ハレの食事が増えている。カロリー過多や食品ロスに繋がる。

 →資本主義が進んだ結果だと思う。「ほどほど」がムーブメントにならないか。

・もともとおいしいものを食べる

 →人間が何でもできてしまう、という考えへのアンチテーゼ。

・食べることばかりが重要と思われがち。人・自然・道具、周辺含めたプロセスが大事。

・日々の訓練が未来への想像力や直観力を鍛えることになる。

 →自然の中での循環を視野に入れる。(リンク:分解の哲学)

  →茶道を学ぶ意義か?

・レシピにとらわれない。何かベーシックな考えを持つ。

 →茶道の型

・利他はありがとうを超える。無意識。人間は器である。

・きれいという直観、仕事でも。

 →数学の問題を解くときのきれいさ。

 

<感想>

ものがあふれた時代へのアンチテーゼとしての「一汁一菜」。土井先生はそのしゃべり方ゆえにキャラ立ちしてしまうが、その思考の深さにはうなった。

通っていた仏教系学校でしか聞かなかった「利他」という言葉が広まっているのも、自分の欲望を追求し続ける資本主義への反動ではないか。経済活動が制限されるコロナ禍という環境下では更に如実だ。

何事にも、人間(もしくは自分)を中心に置かずに、周辺・外・対象への直観を頼りにしたい。

 

2週連続の茶事なサンデーモーニング

11月3日(日)

先週に引き続き茶事、今回は炉開き。趣向も面白く、準備もぬかりなく、進行は終始スムーズだった。茶事も研鑽を積むと出来上がってくるものがある。珍しい道具があると茶席が映える。個人的にはアジアテイストをワンポイント加えるのがかっこよく感じる。

 

11月4日(月)

ロッテリアを購入してから、近所の公園へ。子供も歩き回り、結構な時間を過ごす。気持ちのよい秋晴れに誘われ、公園は多くの人でにぎわっていた。その他、チェーンを洗うなど。

 

11月5日(火)

咳が続くので、仕事帰りに病院へ。18時までのところが多く、少し家からは離れるが19時まで開いている病院は有難い。日曜にも行けるので、何だかんだかかりつけになっている。

 

11月6日(水)

前日定時帰りの跳ね返りで、遅くなる。何だか仕事に追われ続けている感覚。もう少しコントロールしたい。

 

11月7日(木)

今日も夜遅くまで残る。見るべきポイントがはっきりしていなかったことに愕然とする。これで知見は貯まっていくのだろうか。こなしているだけで形として残らないのは残念だ。

 

11月8日(金)

遠出。伊東にてのんびり過ごす。マンションのようなリゾートホテルに泊まる。共立リゾート運営ということで、ドーミーインと一緒か。夜鳴きそばをもれなく啜る。

 

11月9日(土)

伊東から帰ってきて、息子とお留守番。図書館や公園に行ったり、電車を見たりする。帰り際にNEX(成田エクスプレス)にクラクションを鳴らしてもらえて、満足した気になる。

塾に行く小学生のメガネ率が高いサンデーモーニング

10月27日(日)

お茶事の勉強へ。割としっかり予習して臨む。亭主として、どう座持ちさせるのかが難しいと感じた。
失くした傘(紛失2回目)が見つかる。日本の忘れ物システム、すばらしい。

 

10月28日(月)

お昼休みに切手を買いに行く。いまハガキは63円、記念切手を買おうとすると、ミッフィーと目が合う。心動かされ思わずそれを指定、郵便局員に一瞬戸惑われるも、こちらは動じずにゲット。
仕事としては何とか19時にランディング。

 

10月29日(火)

仕事後に大学の先輩と恵比寿で飲み。時間としてはそんなに長くはなかったが、結構飲んで翌日に持ち越した。話としては、何か新しいことをしないとね、というような感じで、アメリカ帰りで見える世界が変わりつつありそうだった。17時半に帰るのが当たり前にしたいところ。

 

10月30日(水)

連日飲み会。今日は適度に飲んだ感じで、帰りにらあめん花月かます。Japanese Noodle 蔦とのコラボのしょうゆラーメンを食べる。ポルチーニの香りがしょうゆとマッチングして自分にとっては新しい感じ、本店を知っている人からするとどう感じるかはわからんが。

 

10月31日(木)

溜まった仕事を処理していくと、20時台に突入。う~ん。帰ってからTVerで「まだ結婚していない男」を見る。

 

11月1日(金)

連日20時頃の帰宅。こんな金曜日は、ジャンクフライデーと称してポテトチップスとレモンチューハイを買うのが恒例となっている。コカ・コーラから出た檸檬堂の鬼レモンを飲む。グラスに移したが、その濃さにビックリ。果実味溢れる製品だ。「ジコチョー」を途中から見る、実験で実証してさらに仮説を立てる、そのPDCAの回し方、相変わらず勉強になる。

 

11月2日(土)

二子玉川のライズへ。H&Mへ服を返すついでに、月末に写真を撮るときに着る服を買う。蔦屋家電の充実っぷりには舌を巻く。屋上のテラスもなかなか良いし、一日中過ごせそう。エリックカレーや過門香といったお店でのテイクアウトも気になる。次回は眼鏡を買いに行くことになりそう。

バーミヤンでジャンキーなサンデーモーニング

10月20日(日)

奥さんの美容院帰りにお昼にバーミヤンに向かう。チャーハンをオーダー、冷凍食品的なジャンクさを味わう。息子はラーメンが気に入った様子。
その帰りに公園に寄る。高層の遊具があり、息子は興奮気味。プラス色んな電車が行き交うスポットで親子共々興奮。相鉄が走っているのはおそらくマニア垂涎ではなかろうか。
ラグビーは圧倒されたのを目の当たりにした。決勝トーナメントの壁は厚い。

 

10月21日(月)

昼から千葉へ出張。サクッと終えて、蒲田で飲み。時間自体は早めに終わったが、あとあとお酒のダメージが。夜中、もだえる。

 

10月22日(火)

祝日。大雨の中、散髪へ。その後に神保町へ、ラーメンを食すはずが、前日夜のこってりメニュー+定休日だったということで、ミールスにチェンジ。ちょっと並んでからの入店。(急な階段での待ちに少しビビりながら)インド人シェフが作るミールス、バスマティはさることながら、揚げパンみたいなやつをチキンカレーにつけて食べたのが美味かった。量は控えめだったのと、値段もそこそこだったので、おかわり。マドラスコーヒーで〆る。
その後、東京堂書店で物色、少々気が引けるが、気になった本は買わずにアマゾンでお気に入りにチェックした。
三田線で傘を忘れて右往左往する。

f:id:furukubo57:20191022132944j:plain

 

10月23日(水)

午後から出張。自分のサテライトオフィス(新幹線+シェアオフィス)での仕事はすっかり定着した。

 

10月24日(木)

うまくいかないことがいくつか重なる。色々引き受けすぎて、ミスをする確率が高くなっている。気合だけではうまくいかない。夜は飲み会、いつものことながら熱量の高いトーク、を聴く。。周りからの刺激も必要。

 

10月25日(金)

一日中雨。外出の予定はあいにくキャンセル。その代わり、昼寝を2時間かますことに。TVerで「まだ結婚できない男」を見る。桑原のキャラ・境遇が笑えるドラマ。結構気に入っている。

 

10月26日(土)

飛行機を見に、羽田空港へ。行く途中に、ナイトスクープの松っちゃんの次の局長は誰か?名倉と徳井のいないしゃべくりのサポートメンバーは誰がいいのか?など話す。息子にとって初めて見る飛行機。アンパンマンほどの反応はなかったが、興味深そうにずっと見ていた。お昼は展望デッキにあるイタリアンで、ビールをお供に。帰宅後はゴロゴロしたり、ラグビーを見たりして過ごす。